NEWS

記事 賃貸物件にWIFIは必要か 2019年3月2日

ネット無料

近年のマンション・アパート新築ラッシュが続き、新築時からネット無料・Wi-Fi無料の物件が多くなっております。賃貸市場で競合する物件が増えることになる為、より既存物件の整備による競争力の強化が必要になってきております。2018年10月15日付賃貸住宅新聞の人気設備ランキング(アンケートによる)の記事によると単身・ファミリー向け物件ともに1位です。

 

導入による入居者のメリット

1.スマホのネット閲覧料金を節約できる。

  例 家族3人スマホ3台の場合 

  スマホネット接続料金従量制2000円/月×3人=6000円/月の節約

2.最新の家電製品にはWi-Fi機能と連動したサービスを提供するものが多くなってきているので

  家電側の簡単な設定でサービスをすぐ利用できる。

3.設備機器のスマホなどによるコントロール・一元管理が部屋にいなくても出来る様になる。

4.見守りサービス

  年配の入居者の生死確認、電化製品などで一定期間電源が入らないと、登録先アドレス 

  にメールが行く(親族などに)

 

導入による入居者のデメリット

1. セキュリティーがしっかりしていないと犯罪被害にあう可能性がある。

2. ネットの利用速度が遅いとストレスが溜まる。

 

  導入によるオーナーのメリット

1.普及率がまだ20%弱(札幌市西区)なので他物件との差別化により入居率アップにつながる。

2.賃貸物件検索サイトなどでアクセス数が上がる。

3.オプションの防犯カメラ等を設置する事で物件の価値が上がる。(今後、オプションは増えていく

  と思われます)

 

  導入によるオーナーのデメリット

1.初期導入費用+毎月の利用料等の費用が掛かる。

 

  今現在、思いつくメリット・デメリットを上げてみました。

(画像、全国賃貸住宅新聞抜粋)